スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6:冷まして接着不良がないか確認します

押し花コースターの作り方

■充分冷ませた後、四隅を摘んで接着不良がないか確認します。
■このとき押し花アイロンフィルムと離けい紙が密着したまま熱せられ、フィルムが

 融けて繊維質に浸透している場合は、冷めると「ぱりっ」と固くなっています。
■固くなっているかを確認して、軟らかい場合はフィルムが繊維の中に入っていないので

 離けい紙をはがさないで、もう一度上の行程を繰り返します。(繊維の中へ浸透してフィルム

 が固まっている場合でも、もうすでに離けい紙がはがれてしまっている箇所は軟らかいので

 注意が必要です。)


<< なぜ離けい紙をはがしたらいけないのか >>


一度離けい紙をはがしてしまうと上で説明しました様に、再度加熱するとき、離けい紙と

押し花アイロンフィルムの間に空気の層が入ってしまい、つや消しの表面に、部分的に

透明な凹凸ができてしまうからです。アイロンで加熱する場合は「離けい紙を最後まで

はがさない」ことが大切です。

スポンサーサイト

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

イ-押し花ドットコム店主:夢太

Author:イ-押し花ドットコム店主:夢太
押し花専門店【イ-押し花ドットコム】の店主です。作り方情報をブログ形式でご案内します。
下の【カテゴリ】をクリックするとそれぞれのテーマが開きます。
お問い合わせに関しましてはコメントやトラックバックではなく、各ページ下部の【お問い合わせフォーム】からお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。